ホーム > 酵素ドリンク > 添加物が殆ど入らないのが最大のメリット

添加物が殆ど入らないのが最大のメリット

酵素ドリンクを自分の家で美味しく作ることはできるのか、実験をしてみました。

ダイエット中のため、食物繊維ビタミンカルシウムタンパク質鉄分などの栄養バランスを考えて、果物野菜から一種類ずつ素材を選びました。

ナッツ類や穀物類も入れると良いらしいのですが、やや高カロリーなため今回は控えました。

アボカドは味の主張が少ない上に鉄分も補えるので積極的に取り入れました。

バナナと豆乳も入れて甘みを引き立ててみました。

野菜は緑黄色野菜のひとつであるパプリカを選びました。

バナナにも馴染みそうな黄色のパプリカにしました。

このままスムージーとしても楽しめそうですが、ここで酵母菌を作るのが酵素ドリンクの大切な過程です。

自家製となると添加物が殆ど入らないのでそこが最大のメリットです。

また、食材は新鮮なものを選べますし、自分の好みで組み合わせられるのも楽しいです。

砂糖の代わりにはちみつを使ってみたり、ちょっとだけ塩やコショウを入れてみたり。

酵素ドリンク作り専用の瓶(ガス抜き付き)に入れて寝かせて待つだけ。

結果、なめらかでスパイシーな酵素ドリンクができました。氷を入れて冷やして炭酸で割ると相性抜群です。

朝食代わりに毎朝摂るようにしています。

沢山飲まなくても満腹感を得られるのでダイエットにも最適です。

朝ご飯を抜いてしまうよりも断然健康的で良いです。

肌荒れ、お通じ、易疲労感も少しずつ改善してきました。

思ったよりも簡単にできましたので、是非ご家庭で試してみてください。

酵素ドリンクの効果にダイエットがあるって本当ですか